新型MacBook Pro15インチ(Late2016) 開封の儀 【高画質】

 In MAC, PC・スマートフォン
1,308 views

さて本日待ちに待った新型MacBookProの15インチ タッチバー搭載モデルが届きました。

早速開封の儀なるものをとりおこなった訳ですが、高画質画像と共にその模様をお伝えします。

 

注文したのはこのモデル
ss-3
15インチMacBook PRO TouchBar搭載モデル。

 

関連記事:新型MacBook Pro15インチ(Late2016)を注文したよ

 

 

ちなみに今まではMacBookPRO 15インチRetina GPU搭載モデル (Late2014)を使用してました。

 

こんなルートで届いた

2016-11-19-16-46-24

愛しのMacちゃんは中国は上海からはるばるやって来ました。

上海→ADSC支店(東京)→羽田→宮城ってな感じです。

 

こんな感じで届きました。

上海から仙台へ はるばるようこそ!

dsc_4137

早速開けます!

dsc_4138

おおっ〜!

オサレな外箱が出てきました。

dsc_4139

Macの薄さを強調したデザインになっておりました。

早速上蓋を持ち上げます。

MACBOOK PRO

Macちゃんとご対面〜。

早速持ってみます。薄い〜 軽い〜!

dsc_4141

付属品は充電器とUSB-Cケーブルのみ。

dsc_4142

外観チェック

りんごマーク

りんごマークは12インチMacBookにと同じようなメタル調になり、光らなくなりました。

こっちの方がオシャレで高級感がある感じがします。

MAcBookPRO裏面

裏面の仕上がりもさすがMAC。

見えない部分まで綺麗に仕上がっているのはアップル製品ならでは。

国産メーカーも見習いたいね。

 

液晶を開くと勝手に電源が入ります

Macの周りのビニールを外して液晶を持ち上げたら電源が入ってしまいました。

dsc_4143

液晶保護用の紙の向こう側でリンゴマークが光っています。

もう起動が始まってしまったようです。まだなにもしてないのに・・・心の準備が!

 

これはいったい? 海外の掲示板を覗いてみたら同じ人がたくさんいて安心。

どうやら新しいMacBookPROは液晶のヒンジを開くと勝手に電源が入るような仕様らしいです。

dsc_4144

保護用の紙を外している間に一瞬で言語選択の画面へ

MAC USB-Cポート

右側にはUSB-Cポート2つとヘッドホンジャックがあるのみ。マジマジと眺めます。

MAC BOOK PRO USB-C

左側は更に少なくUSB-Cが2ポートあるのみ

dsc_4148

タッチパッドは旧モデルに比べて相当大きくなってます。

キーボードはUS配列のものを選択しました。

英字キーボードって何となくカッコイイし、スッキリしていて好きです。

MacBookPRO USキーボード

お洒落なUSキーボード

キーストロークは旧モデルに比べ浅くなってますが、押した感触(クリック感)は強くなってます。

12インチのMacBookに近い感触。

そのせいか、打った時のカチカチという音が少し大きくなった気がします。

dsc_4153

写真を撮りながらセットアップを進めて行きます。

今回は新規でセットアップして使うデータやアプリだけ移行するスタイルにしました。

セットアップ自体は今までのMacと何ら変わらない手順で行けます。

 

Touch IDが付いている

TouchID

そう思っていたら見慣れぬ画面が。

Touch IDのセットアップ画面です。

MacBookPRO タッチID

写真中央にあるのがTouch IDのセンサー。

iPhoneと同じように何回か指を載せて指紋を登録します。

dsc_4161

そんなこんなでセットアップ終了。

MacOS Sierraのディスクトップが現れました。

 

こだわりのMAC

やはりRetinaディスプレイは発色も良く解像感が非常に高いですね。

液晶のヒンジも軽くなっており、片手で開けることができます。

こだわって作っているのがわかりますね。

バックライト付きキーボード

キーボードのバックライトもより洗練されたものに生まれ変わりました。

旧モデルであったキーボードの隙間からの光漏れがほとんどありません。

dsc_4165

新しいギミックのタッチバー。ファンクションキーがなくなり有機ELのタッチパネルが付いています。

dsc_4166

サファリを開くとブックマークが表示されました。

色々新機能満載ですな。

 

処理速度はどう変わった?

dsc_4169

AdobeのPhotoShopをインストールして、サクッとテスト。

まず体感できるのがPhotoShopの起動時間が短くなったこと。

高速なSSDが寄与してるんじゃないかと推測。

イメージプロセッサによる自動RAW現像をやってみたけど、旧モデルよりだいぶ早くなってます。

 

 

GeekBenchによるベンチマーク

まずこちらが2014年モデル

ssben

こちらが2016年モデル

2016-11-19-17-59-51

うーん。。何かの間違いか1割ほどスコアが下がっている。

ただモデルIDとかも正しく認識されていないし、起動したばかりでバックグランドで何かの処理が

走っている可能性もあるので、この件は要再調査だね。

 

旧モデルとの比較

比較ついでに外観の差異などを。

dsc_4171

上が新型、下が2014年モデル。

新型のほうが少し小さくなったのが分かります。

dsc_4173

一方の角を揃えて置くとこれくらい大きさが違います。

重さは200g軽くなりましたが、結構違うもんです。

新型持ってから、旧モデルを持つとずっしり重さを感じます。

dsc_4174

厚みもだいぶ薄くなったのが分かります。上が新型、下が旧型。

SDカードスロットが無くなってしまったのは残念。

 

ちょっとしか使ってないけど、まとめ

待ちに待った新型MacBook Pro

USBポートがないとか、SDカードが廃止されたとか賛否両論はありますが、見た目は洗練され

大きな変化を遂げたと思います。

 

Windowsでさんざん苦労してきた私にとってはMACの安定性は何より大事です。

色々変わってしまったところはありますが、スムーズな操作性、先進性、その安定感は

やっぱりMACだと改めて実感。

 

長く使える相棒になりそうです。

 

Start typing and press Enter to search