人生の岐路と決断 40代の退職と日本一周

folder_open日本一周の旅

この度長らく務めた会社を退社する事にしました。
昨今の電機業界では珍しくもない希望退職に乗っかる形です。

退職金に若干の上乗せがありますが、先々の事を考えれば会社に残った方が安心と言う頭の中の声もあります。

でも会社にしがみついて残ったとしても、会社も自分もいつ潰れるか分からないのです。

そんな不安や、やりたいことがやれていない現状。

 

やりたいことって何? やらなくて後悔は無いのかい?

今もし死んでしまったら本当にやりたい事をやらなかった人生にきっと後悔してしまうことでしょう。

 

やりたかった事

前々からぼんやりと思っていた「いつかは独立」

会社に縛られずに自由に好きな事をして稼ぐ。
そんなに甘い話は無いと言うことも重々承知しているつもりでしたが、その「いつか」は待っていてもやって来ないことも知ってました。

自分から行動を起こさないと。

 

希望退職の告知があって表向きは悩んでみせましたが、最初から心の中では決まっていたと思います。

 

文句言いながら働くより、自分の可能性に掛けてみよう。

一度きりの人生なのだからと決断しました。

辞めると決まってからは心が軽くなりました。今までの役職、責任、ストレス、全て一瞬で無くなりました。

この先やっていけるのか不安はありますが、いざとなったら色んな資格もあるし食べてくだけなら何とかなるさね。

 

会社辞めたら何したい? 子ども時代からの夢

辞めて自由な時間が出来たら何したい?

そう自問自答した時に真っ先に浮かんだのが「日本一周!」

 

私は宮城県の山奥のど田舎の農家に生まれです。
小さい頃は親父の借金地獄でほんとうにドラマの話のような貧乏生活でした。

今ではあり得ないですが、ヤクザのような借金取りが家に押しかけてきて怖かったのを覚えています。

何に使ったか分からない借金を払うためにじいちゃんは畑や田んぼを売りました。

母さんは生活のために働くのが精一杯。

 

とにかく小さい頃は貧しくて人並みの生活が出来なかった。

家族で温泉旅行やディズニーランドなんて行ったこともなく、夏休みが終わると友だちにどこに行ったと聞かれるのが嫌でした。

そんな子供時代を送ったためか、「人並みの生活」に憧れを抱き、21歳で結婚してしまいます。

結婚生活は思い描いた物とは違い、元妻とは喧嘩ばかりの毎日。

 

だが、子どもの為にと自分を押し殺して働く毎日でしたが、毎日の我慢の積み重ねが自分を壊していきます。

ある事件をきっかけに34歳で離婚。それから一人暮らしを始めます。

そんな人生でした。

そして40歳での早期退職。

 

これまでやりたくてもやれなかった事は全部やろう。

・日本を巡る事

・独立して好きなことを仕事にする

・自分で考えてクリエイティブな生き方をする

・他人の人生ではなく、自分の人生を自然に生きる

 

これまでは後悔ばかりの人生でしたが、もう後悔するのはやめにします。

お金に余裕があれば世界一周もやりたい! でもそれは独立後の先の目標。自分で稼いだお金で。

 

会社辞めて無職になりますが、大好きなレガシィと共に色んな所をみて廻りたい。

こんなチャンスは人生そうある物ではないし、絶対一生の思い出になる。
何かしら得られるものがあるはず。それを探す旅です。

 

幸い今の自分は一人じゃない。人生のリスタートとなる2人旅。

出発は涼しくなる2か月後!。 これから仕事の引継ぎと旅の準備で忙しい日々になりそうです。

次の投稿
日本一周のルート(ほぼ)決定!

関連記事

メニュー