もうテレビ台はいらない!壁よせTVスタンド WALL ウォールロー レビュー

folder_openちょっと良い物

テレビ台ってかなり大きくて邪魔。

ほんとはシンプルに壁掛けにしたい所なんだが、賃貸だとそんなわけにもいかず。。

なんとか無くすことが出来ないか色々と調べていたら良いものを発見!

要はテレビ用の別売りスタンドなんだけど、注目すべきはそのデザイン。
グッドデザイン賞も受賞したというスタイリッシュなお姿に一目惚れ。

極限まで薄く、壁寄せができるこのスタンド。実際に買って試してみました。

 

テレビ台を断捨離する為に


こちらがこれまでのTV台 ロータイプの台なのでそれほど圧迫感は無いんですが、横幅1700mm奥行き400mm、高さ320mmと結構場所を取ってる感じ。

ちなみにテレビはアクオス4Kの60インチ。LC-60US40
我が家ではPCのモニター&NETFLIX再生専用機になってます。

 

ウォールロー適合

メーカーサイトによると取付可能なテレビは以下の様になっています。

画面サイズ:32〜60インチ
重量:40kg以下

壁掛け用のネジ穴が4点あり、間隔が下記条件を満たしていること

横ピッチ:100mm、200mm、300mm、400mmのいずれか
縦ピッチ:100mm〜400mm

尚、背面にスピーカーなどの出っ張りがあると干渉する場合もあるとの事。

ウォールローは60インチまで対応となってますが、40kg以下なら65インチでも大丈夫そうな感じはします。

背面のネジ穴はLC-60US40でも対応している事は確認済み。

 

組み立てだけなら超簡単

届いたTVスタンド


ダンボールから出したウォールロー。購入したのはウォールナットタイプ。

ちなみにウォールナット部分は印刷で金属ベースでした。

 

日本語の説明書が付いているので迷うこと無くあっという間に組み立て完了。


写真に映っている黒と赤のフレームはテレビ側に固定する物ですが、この時点で高さ等を確認しておきます。

テレビは純正のスタンドを外して、取り付け用のフレームを固定します。

組み立て”だけ”なら超簡単でした。

 

1人で頑張ると汗かきます

説明書には作業は2人でやりましょうって書いてあるんだけど、実際問題中々難しい。

っつう事で自己責任だけど1人で頑張ります!

でもこれがまた大変。


テーブルの上に布団や毛布を敷いて、液晶が傷つかないようにそっと置きます。

このアクオス、重量的には30kgも無いのでそこまで重くも無いんだけど、60インチは巨大で1人だと結構しんどいです。

テレビにフレームを付けたら、あとはウォールローに引っ掛けるだけなんですが、これも1人だと大変。。

途中からは必死で写真撮るのも忘れる始末。。 ふう

 

とりあえず付いたど〜!

部屋はカオスな状態になってますが、なんとか付きました。

アンプや自作PCの置き場が無くなったのでとりあえず床置。これは後で何とかしよう。。


それにしてもやっぱりテレビ台ってデカい。その後この子はジモティに貰われて行きました。
いままでありがとう。

見よこのオサレでシンプルなデザインを!

その後引っ越したり、オーディオ買い替えたり、仕事で発狂したりと色々ありましたが現在はこんな感じになってます。

アンプやPCはテレビから離して設置したので、めっちゃスッキリ。


テレビ台が無くなっただけで部屋も広く感じます。

60インチでも壁にドン付出来ると圧迫感が殆ど無くなる。

写真だと隙間があるように見えますが、実際は結構ピッタリ寄ってます。

スタンドの床部分は結構重く、安定感もありますが、地震の時を考えて地震対策は必要ですね。

地震対策用のワイヤーが付属しているので、しっかり固定しておきます。


スッキリ!

テレビ台が無くなると、スピーカーの設置の自由度も上がるので良いことずくめ。

これで引きこもりライフが楽しくなるね。

テレビ周りをシンプル&モダンな感じにしたい人にオススメのテレビスタンドでした。

 

前の投稿
PS4 PROのHDDをSSDに交換してみた!
次の投稿
8インチ最軽量タブレット Galaxy Tab S2 8.0 SM-T713 レビュー!

関連記事