春をさがしに -逢花打花 逢月打月-

folder_open一度しか通らない道

今日は暖かくもう春!って感じの仙台でした。

 

仙台の桜の開花予想は4月2日と言う事でいてたってもいられず、デジイチ片手に榴岡公園へ。

 

梅の花は5部咲き位、桜はまだつぼみ。

 

公園の入口ではお花見の準備が始まってました。

 

梅の花  Nikon D7100 105mm F5.6 ISO100 1/400

 

椿

 

人懐っこいハト

 

お花見の準備が着々と・・

 

公園の一部ではもう咲き始めの桜もありました。

 

公園近くの榴岡天満宮へ寄り道

 

仙台の街中なんですが静かで風格のある神社です。

 

ここには樹齢300年の枝垂れ桜がありました。

 

ここもまだつぼみですが、もうすぐですね。

晴れた日は気持ちいいね。

 

 

逢花打花 逢月打月

禅の言葉に「花に逢えば花を打し、月に逢えば月を打す」というものがあります。

 

これは花に逢えば花をしみじみと味わい、月を見れば月を感じるままに味わう、というのがその意味です。

 

余計なことを考えずに、頭を空っぽにしてからだも、こころも自然に委ねるという事。

 

仙台は都会で中々自然を感じると言うのが難しいと思っていたのですが、こういった小さな自然は探せばいくらでもある事に気づきました。

 

山や海に行かなくても身の回りにはこんな小さな自然はたくさんあります。

 

たまにはそんな小さな自然に浸ってみる。

 

それはすごく贅沢な休日でした。

 

 

そして来週はお花見ですかね!どこに行こうか今からあれこれ思案中です。

 

 

前の投稿
生生流転
次の投稿
受け取り上手 〜運を引き寄せるコツ〜

関連記事

メニュー