現実は心を映す鏡 〜鏡の法則〜

 In 一度しか通らない道
166 views

ビジネスだけでなく、幸せなライフスタイルを求めて生きるあなたへ贈る「一度しか通らない道」

今日はスピリチュアル的な鏡の法則の話です。

スピリチュアルなネタはたくさんあるんですが、自分的にこれは真理だなと思った法則をご紹介。

 

実はこの世の96%は見えていないって知ってる?

現実とは自分の外にある世界であり、この世界、物質こそが全て。

何を当たり前の事をと思ったかも知れませんが、知ってましたか?

わたしたちが見ている世の中は実はほとんど見えていないってことを。

人間がみえる光は、光の中の極一部分

・人間の目に見える光を可視光と言いますが、この波長は360〜830nmと言われ

光とは人間が「見る」事のできる電磁波のごく一部に過ぎないのです。

emspectrum
出典:mpoweruk.com

この図は光と呼ばれる波長帯を示したもので、人が見えるのは「Visible Light(可視光)」部分のみです。

光っていうのは波であり、電磁波の一種です。

 

基本的に電磁波は見ることも、感じることも出来ません。

ラジオ波、マイクロ波、赤外線、紫外線、X線、ガンマ線など、ほとんど見えていないと言う事になります。

 

人間が聞こえる音は音波の極一部に過ぎない

・音だって人間の耳にはコウモリの様に超音波帯の音は聞こえません。

人間の耳に聞こえる音は、低い方は約20Hzから、高い方は20000Hz位までで、

これを可聴周波数と言います。

これより上の音波を超音波と呼びますが、人には聞こえていないんですね。

 

科学万能の今でも実は分からないことの方が多い。

・重力については現代の科学でも原理すら良く分かっていません。

・最近宇宙の大部分を構成しているダークマターの存在が明らかになってきたのですが、
このダークマターについてもその正体が未だ謎のままです。

・宇宙の起源についても実際何にもわかっちゃいない。
何も無い所、時間も空間も無い所からなぜビッグバンが起きた?

・人間は本当に何もない海から生まれ、進化したの?
数学的にはあり得ないくらいの奇跡がないと存在し得ないのが人間というものです。

 

そんな訳で海外のある科学者の話によると、人間が見えていると思っている世界は

実はたったの4%程度しか見えていない(分かっていない)のだそうです。

これが私たちの現実と呼ばれるもの。

 

たった4%しか見えていない現実は現実なのだろうか。

実はすごく不安定で移ろいやすいもの。決して留まる事なく絶えず変わっていくもの。

それがこの現実世界であり、実際ほとんど何もわかっていない世界。

 

4%しか見えない現実の正体

いきなり本題。

現実とは自分の心の内面を映す鏡の世界なり。

自分の心が写し出されているのがこの世の中と考えたらどうでしょうか。

 

幸せに溢れた素晴らしい世界、争いが絶えない嫌な世界、

嫌な上司、嫌な客、すべて自分のこころの中を映しているとしたら。

 

この国は政治がダメだ、法律がダメだ、会社がダメだ、あいつが悪いんだ・・・

いつも誰かのせいにして、他人が変わらないと現実は変わらなと思いこんでいる人はいませんか。

 

政治家が変われば世の中が良くなる。

政治が変わらないと世の中は変わらない。

本気で思っているのなら、それはちょっと違う。

 

他人に変われというばかりで、じゃあ自分はいつ変わるんだい?

 

ベルリンの壁の崩壊は政治家が変わったからでしょうか。

最近ではアメリカ大統領にまさかのトランプ氏が選ばれましたが、選んだのは誰でしょうか。

 

いつだって国が変わる時は先に人の心が先に変わったんです。

内面の心が変われば、鏡の現実はそれに応じて変わって行きます。

 

外の現実を自分の心・内面の投影として捉えると全てが自分の責任ということになり、

人に責任を押し付ける生き方は出来なくなります。

 

他人は変えられないけど、自分を変える事は出来る

当たり前ですが、考え方の違う他人を変えることは出来ません。

でも自分で自分を変える事は出来ます。

 

自分が変わるとそれに合わせて鏡の現実が変わっていきます。

これが驚愕の真実。

 

この世は「鏡の世界」

不平・不満ばかり口にしていると、それが自分に跳ね返って来ます。

 

他人の批判ばかりしていると、自分が批判されます。

民主党の議員が良い見本ですね。

 

周りの人がムッとしてふくれっ面で仕事している。

その時自分の顔もふくれっ面になってませんか。

それが嫌なら、まず自分が笑うことだ。

 

そうすれば、鏡の現実から笑顔が返って来ます。

 

お金が欲しければまず自分からお金を出そう。

募金でも良いし、無償の奉仕でも良い。

 

そうすれば、鏡の現実からお金が何倍にもなって戻ってくる。

 

嘘だと思うなら、半年間その生活を続けてみればわかると思う。

実際自分がそうだったのです。

 

自分が愛されたいのなら、先に自分から愛することだ。

人に好かれる人は例外なく人間が好きなんだよ。

人を嫌えば、もちろん自分も嫌われてしまう。それが鏡の現実。

 

この鏡の世界の生き方を始めると、現実が変わり始めます。

現実を見れば自分のこころの内面の状態を知ることが出来ます。

 

引き寄せの法則がブームになって久しいですが、さっぱり効果が無いと嘆く前に

鏡の法則に従って自分の内面を見てみると良いかも知れませんね。

 

今日は現実は自分の心を映す鏡 というお話でした。

 

 

迷った時、悩んだ時、

外の世界、他人に答えを探そうとしても見つかりません。

答えは最初からあなた心の中にあります。

 

シンプルに、より良く、昨日とは違う自分に。

 

Start typing and press Enter to search