macOS Mojave 動作確認アプリリスト

folder_openMAC

新しいmacOS Mojave(モハベ) ベータ版で、各ソフトウェアの動作確認を行いました。
(2018年8月7日時点)

Mojaveは32bitアプリケーションをサポートする最後のmacOSです。

アプリの互換性が気になる方は是非チェックしてみてください。海外フォーラムの情報も合わせてお伝えします。

 

MacOS Mojave 動作確認アプリリスト

確認したベータバージョンは10.14パブリックベータ11(最終出荷バージョン)

わたしの環境(MacBookPro15インチLate2016モデル)で確認した限り、High Sierraで動作していた全てのアプリが正常動作ました。
動作確認ができているアプリ名とバージョンが以下の通りです。

Adobe Acrobat DC 2017
Adobe CC2017
Adobe DreamWeaverr CC 2017
Adobe Illustrator CC 2017
Adobe PhotoShop CC 2017
Amazon Kindle for Mac
Amazon Music
Android Studio
AppCleaner Ver 3.4
ATOM Ver 1.29.0
Display Menu
DropBox
FileZilla
FileZilla Pro
FireFox
GeekBench 4
Google Chrome
Google Drive
Google 日本語入力
LINE
MAMP PRO Ver 4.5
MAMP PRO Ver 5.0
MAMP Ver4
Mi Ver3.0.1b3
Microsoft Excel for Mac 2016
Microsoft OUTLOOK for Mac 2016
Microsoft PowerPoint for Mac 2016
Microsoft Word for Mac 2016
Paragon NTFS Ver 14
Paralles Disktop13(起動時再アクティベーション要求あり)
PO Edit Ver2.1.1
Skype Ver 8.27.0.85
Tag Editor ver 1.0.8
Team Viewer ver 13.0
Th-makerX Ver 3.7
The Unarchiver Ver4.0
Tor Browser ver 7.0.4
VLC
VOX
ZOOM

 

macOS Mojaveではソフトの互換性を殆ど気にしなくても大丈夫そう。

ただマイクやカメラを使用するアプリについては、システム環境設定のプライバシーで再度「許可」をチェックする必要がありました。

気になる点はMojaveで新たに追加されたダークモードに対応しているアプリがまだ少ないこと位ですかね。

またAdobe CS6系はJAVAの再インストールで起動可能でした。
https://support.apple.com/kb/dl1572?locale=ja_JP

 

 

続いては海外の情報

引用:http://forums.macrumors.com/

Mojave動作確認OKのソフト

不具合がある部分は青字で記載

1Password
Acorn 6.1.3
Adobe Director
Adguard Pro (1.5.8)
Airfoil Satellite (最新のアップデートで起動OK)
Alfred 3 (issues with 3.6.x with DB4, fixed in beta of 3.7)
Anaconda Navigator (1.8.7)
Aperture (3.6)
AppCleaner
Asphalt 6
Audition (CC 2018) & (CS6)
Autodesk Maya (2018.2 & 2016)
AutoMounter (Pro needs Helper v1.3.3)
Backblaze
BackupLoupe
Banktivity
Bartender
BBEdit (12.1.4)
Beamer
BetterZip 4.1.3
Blender 2.79b
Blender 2.8 beta
Boom2
Boxer Dos Emulator 1.4
Brackets
BusyCal
BusyContacts
Caffeine (1.1.1)
CalcVerter
Capture 3.2
CarbonCopyCloner
ChatMate for WhatsApp 4.2.4
Checkbook Pro
ChronoSync
Cisco AnyConnect Secure Mobility Client (4.6.01098)
Cisco Jabber (12.0.1)
Cisco WebEx Productivity Tools 31.20.2.18
CleanMyMac 3.10.0b1
CoconutBattery
Colours for Hue
Copy'Em Paste
CoverFlow (RC1.2)
Counter-Strike: Global Offensive
CrossOver 17.5.0
Deliveries
DaisyDisk
Default Folder X
Diablo
Discord
Dreamweaver CC
Dropbox
Eclipse
Entropy
Fantastical 2
Firefox
Forklift (3.2.2)
FruitJuice
f.lux
Fuse for macOS (OS X Fuse) 3.8.2
GearWatchDesigner
GitKraken (3.6.3)
Google Chrome
GoToMyPC
Handbrake (1.1.1)
Hazel
Home Inventory (3.7.3)
HoudahSpot
HP EasyScan Version 1.9.1 (119)
HP Utility Version 5.38.0 (1792)
Icon Slate
iConvert Icons
Illustrator (CS6) Java for macOS 2017-001の再インストールが必要
iFlicks
iMazing 2.6.1 (9014)
InDesign CC 2018
iStat Menus
iTaskX 3.3.1
Jump Desktop (7.1.4)
LightCapture
Little Snitch (4.1)
Logic Pro X
Logitech Gaming Software (8.98.306)
Logitech Options
Luminar 2018 v 1.3
Macs Fan Control (1.4.10)
Magnet
Mail Satellite
Microsoft Word (16.13.1) & (16.15.0)
Microsoft Excel (16.13.1) & (16.15.0)
Microsoft Outlook (16.13.1) & (16.15.0)
Microsoft Power Point (16.15.0)
Microsoft Remote Desktop Beta (10.1.8)
Microsoft Teams (1.1.00.11551)
MindNode
MoneyMoney 2.3.6
Moom (3.2.11)
MySQLWorkbench (6.3.7)
NeoFinder (7.2.1)
Newton Mail
Notability
Omnigraffle 7.8.1
OmniOutliner 5.3.3
Omnipresence 1.6
Outside
Pacifist 3.6
Paperless (2.4.1)
Parallels 13.3.1
Parcel
PathFinder (Ver8はOK、Ver7は起動時クラッシュ)
PCalc
PDFpenPro (10.1.0)
Photoshop (CC 2018) & (CS6)
Pixelmator
Plantronics Hub Version 3.11.0 | Build 17287
Private Internet Access (PIA) v81
PureVPN
Quicksilver
QuickSleep
R (3.3.2)
Rapidweaver 7.5.5
Rocket
Room EQ Wizard 5.18
Runescape Java 1.1
Runescape NXT 2.2.4
RStudio (1.1.383)
ScanSnap Manager
Scapple
Screenflow 5.0
Scrivener
Skype for Business 16.18.62
SkySafari 5 Pro
Slack
SlimBatteryMonitor
SmashTunes
Snagit 2018
Snappy v2.0.1 (121)
Sophos Hom Premium (2.0.3)
Spark
Spectrum
Speedtest (1.5)
Splashtop Streamer
Spotify
StarCraft II
StarCraft Remastered
Steam
Subler
Sublime Text 3
Suitcase Fusion v19.0.5
Tableau Desktop 2018.1.3
TextExpander 5
TextMate
Things 3
TickTick 2.6.0
Tile Game Classic
Tor Browser
Total Finder (11.1.10)
Tweetbot 3
Unity
Ulysses
Visual Studio Code
Visual Studio Community (for Mac)
VLC
WiFiExplorer 2.4.3
VMWare Fusion (10.1.2)
Vox
Waltr 2 (2.6.8)
WebEx Teams (3.0.8519.0)
Zoc Terminal (7.18.4)

 

Movaveはベータリリースを重ね、現時点でもかなり安定しています。

各アプリも自動アップデートなどで最新版にしておけばまず問題は起きないでしょう。

私の様なWEBクリエイターが使うソフトは全く問題無く、現にここ数週間はMojaveを使って仕事してました。

 

Mojave動作するけど問題のあるアプリ

不具合内容は赤字で記載

Agenda (UIの表示崩れあり)
Airmail 3 (UIの表示崩れあり)
Acrobat X (更新が必要と表示され動作が遅い)
AutoMounter (ヘルパーインストールでFinderがクラッシュ)
CodeKit App (UIにバグがある)
Compressor 4.4.1 (サイドバーのタブを切り替えることができないため、エンコード設定をカスタマイズ出来ない)
DEVONthink Pro Office 2.9.17 (起動時にクラッシュする場合がある)
Dreamweaver CS5 (更新が必要と表示されるが動作は問題なし)
Final Cut Pro X (レンダリングに時間がかかる)
LogMeIn(サファリプラグインが動作せず)
Microsoft Excel 2011 (更新が必要と表示されテンプレートが読み込めない)
Microsoft OneDrive (CPU使用率が100%になる)
OmniFocus 2.12.3 - (UIに若干の表示崩れがある
PDF Expert (印刷時にクラッシュする)
RoyalTSX v3.3 (環境設定でハングアップ)
ShimoVPN (PPTPの接続が出来ない)
Splashtop Business (動作速度が遅い)
Vellum 2.0 (UIの表示が崩れる)
Wifi Explorer (wifiデータが表示されない)
Zoom Outlook Plugin (4.3.5278) - (アウトルックミーティングが作成出来ない)
Lightrooom(SDカードからのインポート時にクラッシュ)

 

不具合のあるソフトは比較的古いバージョンのものが多い印象です。
これらのソフトを使っている方はMojaveへのアップデートは要注意です。

まだ正式リリースまで時間があるので、対策されるのを待ちましょう。

 

Mojaveまったく動作しないアプリ

不具合内容は赤字で記載

Aerial Screensaver
BetterTouchTool (起動時にクラッシュ・修正予定あり)
Box Drive (起動時にクラッシュ)
CleanMyMac 3
Cocktail
Hands Off! (3.2.7)
IBM Client Application Access
IBM Notes
LastPass
LiteIcon 3.8.2
Little Snitch 4.1.2
Live Home 3D (3.3.4 build 874 起動するが新規作成が出来ない)
MacTracker 7.7.4 (フリーズする)
MailButler 2.1
Malwarebytes (3.3.22)
Mindjet Mindmanager 11 (起動時にクラッシュ)
NFSManager
OpenEmu
OS X Fuse 3.80 (インストール出来ない)
Paste 2 (クリップボードコピーでクラッシュ)
PIA v80
PowerPhotos(起動時にクラッシュ)
Sculptris
Sound Control
SpiderOak One
SQLPro Studio(起動時にクラッシュ)
VyprVPN
VMWare Horizon Client (旧バージョン4.1では起動OK、現バージョンの4.7ではNG)
VirtualBox

 

ご覧の様に全く動作しないアプリというのは少なく、他に似たような機能を持つソフトが多いので大きな影響はない模様。

 

まとめ

macOS Mojaveは、OSの新たなデザインであるダークモードを追加し、また利用する機会の多いFinderのユーザーインターフェイスも改良され使い勝手を着実に進化させていました。

個人的にはダークモードがお気に入り。目の疲れが違うんですよ。

ソフトの互換性に関してはベータ版での感想ながら、全くと言っていい程問題ない印象。
史上最強の安定性と謳われるだけのことはありますね。

とはいえ、ベータの利用は自己責任で。

AppleはWWDC2018のセッションでmacOS Mojaveは32bitアプリケーションをサポートする最後のmacOSになると発表しています。

先の話ですが2019年の新OSでは、32ビットアプリサポートが廃止される予定なので人によっては長く使う事になるであろうOSがMojaveになると思います。

Mojaveの正式版は9月下旬にはリリースされるはずなのでそれまで楽しみに待ちましょう。

前の投稿
Parallels Desktop 13 レビュー! オススメ設定とベンチマーク
次の投稿
MacBook Proのバッテリーを劇的に長持ちさせるTurbo Boost Switcher for OS X

関連記事