受け取り上手 〜運を引き寄せるコツ〜

folder_open一度しか通らない道

受け取り上手 幸運を呼びこむ為に・・

春になって嬉しい事が。

 

レストランのペアディナーチケット

ホテルモントレの懸賞で当選・・! しました。

そして更に・・

 

福島県只見町の特産品セット!

こちらはしょうちゃん先生が旅モニというサイトの懸賞で当選したご当地特産品セット。

 

思い起こしてみると私達は昨年あたりからほんとにこういった物に当選しまくってます。

 

自慢みたくなっちゃってアレなんですが、

 

2015年~の当選実績を振り返ると・・・ ↓↓↓

 

オイルヒーター


これはしょうちゃん先生が楽天ショップで当選したもの。
スタジオで使わせてもらってます。

 

ハードディスク

こんなマニアックな部品も当選。これは私が応募したもの。

 

特選霜降り牛セット

こちらはしょうちゃん先生が結婚式で当てたもの。

 

そして温泉旅行!

年末には部屋に露天風呂のある花木温泉への旅をしょうちゃん先生が当てました。

 

私たちは懸賞マニアではないので応募総数も全然多くありませんが、こうして振り返ってみると的中率が凄いでしょ?

 

計算したらなんと7割の確率で何かに当ってました!

 

このまま行けば宝くじも当たっちゃいそう・・なんてね。

 

ちなみに私は後厄、しょうちゃん先生は前厄、いわゆる厄年で悪いことが起きると言われている歳でございます。

 

懸賞運もそうですが、新しく始めたスタジオも順調に進みこの4月で1周年。

 

良いお客様に恵まれ、幸運というものを実感している次第です。

 

 

でも何で急にこんなに・・・ 思い当たる事はなんだろう・・・?

 

 

と考えた時、起業し会社員時代とは生活スタイルも考え方も大きく変わていることに気付きました。

 

 

 

そこで私達が普段実践している事を紹介したいと思います。

 

これは別に懸賞や宝くじに当選するためではなく、人生を豊かにしたいと思い実行している事です。

 

 

 

物を減らす

断捨離という言葉が流行りましたが、不要なものを減らして本当に必要なものだけを手元に残す。これは常に心がけています。

 

 

昔は物に囲まれ、「物がある程幸せ」、「物こそが心を豊かにする」と思っていました。

新しいスマホが出る度に買い替え、パソコンは常に最新の物を使用。今まで乗ってきた車は数知れず・・

 

手に入れた時は幸せなんですが、ただそれが長続きしない。

 

物欲に際限はなく、新しい物を手に入れるとまた次から次へと欲しい物が現れます。
日本の経済に貢献はしたと思いますが、勿体無くて捨てられない物で部屋の中は溢れかえり・・・なんだったんでしょうねぇ。

 

物を買うためだけに生きていた会社員時代でした。

 

 

 

でもね、レガシィで旅した時は本当に必要最小限のものだけをもって日本を回りました。身の回りには何もなかったけど幸せでした。

 

そして旅が終わって部屋に戻るとそこにあった物は本当は無くても平気な物だったという事に気付きました。

 

(想いのこもった品は別ですよ)

 

 

そんな訳で今の生活は至ってシンプルです。

 

 

物を減らす = 執着を減らす

 

 

執着は人の心を曇らせる最もたるものですが、これを全て捨て去ることの出来る人は仏様やキリスト位でしょう。

 

ただ、執着を減らす様に努力することは出来ます。

 

物を減らして執着を減らせば、部屋は広くなり、心も軽くなります。

 

 

人はいつか死にます。死ぬ時「何かを残す」事はできるかも知れませんが、今まで築いた「物」、集めた「物」は何一つ持っていくことが出来ません。

 

中々理解できない人も多いとおもいますが、過度な物への執着は人を幸せにしませんよ~。

 

余計な考えを減らす

減らすのは物だけではありません。

 

余計な思考もそうです。

 

気が付くと一日中頭の中グルグルとであれやこれやと考えている事ってありませんか?

 

それが楽しいことなら良いのですが、過去の失敗を悔やんだり、まだ来ない未来に思いを馳せ余計な心配をしたり・・・

 

 

意識が過去や未来に行ってるときは、ネガティブな考えが起きやすくそれが不安という感情を呼び起こします。

 

 

ATHA(アタ)=「今この瞬間・この場所」

 

私はヨガはやりませんが、ヨガの教えにATHA(アタ)=「今この瞬間・この場所」というのがあるそうです。

 

 

余計な事を考えず、いま目の前にある事に集中すること。

そうすればネガティブな考えも起きませんね。

 

 

「今」を生きると言う事が何よりも大事なんだと思います。

 

 

忘れる事

懸賞などに当選するコツは応募するという行動を起こすのはもちろんですが、その後は忘れると言う事かも知れませんよ。

 

これは執着を捨てて、自然の流れに任せると言う事です。
(当たれ当たれ~と思ってると当たらないんですよねぇ・・)

 

 

願って行動したら忘れる。

 

やれる事をやったら結果には固執しない。

 

 

実際二人とも当選連絡が来るまでは応募した事すら忘れていました。

 

 

ここでも執着を手放すということが幸運を呼びこむコツだと思います。

 

 

今に感謝する事

お金が無いだの、時間が無いだの、無い物を探して不幸を増やすことはありません。
心を静かにして身の回りをちょっと見渡せば信じられない位の幸せに囲まれているという事に気付けます。

 

幸せ探しの名人

 

良かった探しをして、今ある幸せに感謝するようにしています。

 

仕事の合間に近くのカフェへ。 ちいさな贅沢。 それが幸せです。

 

「減らす」「手放す」「忘れる」「感謝」

余計な物や思考を減らし、執着を手放し、忘れ、今ある幸せに感謝する。

 

私達のやってる事はたったこれだけです。

 

これを心がけるだけで、少なくとも悪いことは起きません。

 

参考になれば幸いです。

関連記事:物を捨てると運が良くなる「空白の法則」

前の投稿
春をさがしに -逢花打花 逢月打月-
次の投稿
山寺と春 そしてリニューアル!

関連記事

メニュー