物を捨てると運が良くなる「空白の法則」

folder_open一度しか通らない道

最近は引越しの準備真っ最中です。

常々シンプルライフを心掛けているので余計な物は置いていない部屋の筈なんですが、いざ片付けを始めると要らない物、何年も使っていない物がごちゃごちゃ出てきました。

使わないコタツ布団(コタツは持ってないのに何故か布団だけ持ってる)
何年も袖を通してない服
使っていないファンヒーター
ごちゃごちゃした小物類
ミニロッカー
何年も前の領収証
期限切れの保証書
本体も無いのに分厚い説明書だけ残ってる
自動車のカタログ
読まなくなった本
パソコンのパーツ
アクセサリー …etc

何だかなぁ・・・
という事でこれらは欲しい人に譲ったり、捨てたりと全て断捨離ました。

物を捨てると運が良くなる「空白の法則」



最近知った空白の法則をご紹介。

この宇宙は「何も無い空間」があると、それを埋めようとする法則が働くので、
要らない物や思考はジャンジャン捨てる。

そうすれば新しいものが次々入ってくる。 そんな法則があるそうです。

ポイントは空白をつくる時に、

売るのではなくて、捨てる事
または、無償であげたり、寄付する事。

もし売ってしまって受取ったお金は「空白を埋める新しいもの」となり、
受取った少額のお金以外は、もはや何も受取れない状態になるそうです。


どんなに少なくても代価をもらってしまうと、空白が埋まってしまい、そこで精算されちゃうってことらしいです。

面白い法則ですよね。
ほんとうかどうかは、これから検証ですけど。

私達はホントに色んな物に囲まれて生活していますが、本当に必要なモノ、大切なものっていうのは案外少ないもんです。
それは必要最小限の装備で日本一周した際に強く思いました。

断捨離でシンプルで充実した生活にして行きたいですね。

 

関連記事:受け取り上手 〜運を引き寄せるコツ〜
 

前の投稿
茨木・日光東照宮
次の投稿
家移り完了!

関連記事

メニュー