日本一周56日目【愛媛】マイントピアと東洋のマチュピチュ「東平」

folder_open日本一周の旅

愛媛県新居浜市 道の駅 マイントピア別子の朝

 

昨日はここで車中泊。

温泉も併設されているのですが、着いたのが遅い時間だったので昨日は風呂なし。

夜は気づかなかったのですが、朝目覚めると素敵な風景が広がってました。

青い空と山々のコントラストが綺麗。

このマイントピア別子は300年ほど前に銅の坑山があった場所だそうで、現在では観光坑道が整備され当時の様子を知ることが出来るそうな。

9:00開館なのでさっそく行って見ることに。

 

マイントピア別子の観光坑道

エントランスには売店があってどことなく昭和の香りがします。

このトロッコに乗って坑道に出発〜!

朝一番だったので私たち以外には誰もいませんでした。

休日とかは混むそうなのでゆっくりまわるなら平日の午前中が良さそうですよ。

トロッコを降りて記念撮影。

ここから坑道に入ります。

橋の下にはこんな川が流れています。

水がエメラルドグリーン! 鉱物の含有量で色が変わるのかな?

坑道はこんな感じ。

観光坑道というだけあって足元も整備されており普通の格好で大丈夫です。

所々人形があって当時の様子をうかがい知ることができます。

中にはこんな坑道の跡の様な所も。

更に進むと地下1000m行きのエレベーターが!

入ってみるとどうなるかは実際に行って確かめてみて。

そんな感じで色々な展示や子供向けのアトラクションもあってなかなか楽しめました。

 

東洋のマチュピチュ 東平(とうなる)

続いて向かったのは東洋のマチュピチュと呼ばれる東平(とうなる)

車でも行けるそうですが、道が狭くすれ違いの出来ない場所が多くあるそうなので、
マイントピアから出ているガイド付きのツアーバスで行くことにしました。

バスに揺られながら進みます。

途中ほんとうに道が狭くなりブラインドカーブも多いので、土地勘のないひとはバスで正解!

ガイドさんの話が絶妙で、たまにはこんな旅も良いです。

東平の駐車場に着いてから少し歩きます。

こちらが東平の遺跡

遺跡だけじゃなく、まわりの景色も素晴らしい!

秋を感じますね。

こちらが遺跡群

ガイドさんいわくこの石の積み方が漢字の「品」の字の様に積み上がっているのが独特で東洋のマチュピチュとも言われるゆえんなのだそう。

良くこんなに積み上げたもんだと関心。

ここには歴史資料館なども併設されており、ガイドさんの案内のもと色々と知ることができました。

ここからは(たぶん)新居浜市内を一望出来ますね。所要時間2時間ほどのバスツアーでした。

いよかんソフト

マイントピアに戻ってから名物「いよかんソフト」で一服。。

 

高知へ向かうも・・

続いて次の目的地である高知県へ向かう私たち。

道の駅 633美の里(むささびの里)

国道194号と国道439号が交差する場所にある道の駅。

194+439で633 それに美を足したネーミングが絶妙。

ここでまた一服です。珈琲中毒ってやつ。

つづいて今晩の車中泊予定地に向かいました。

 

道の駅 土佐和紙工芸村

ん?人がやけに少ないなぁ・・・ と思っていたら

なんと本日定休日!

予定ではここで温泉につかってゆっくりしようと思っていたのでショック。

 

昨日も風呂に入ってなかったので、今日こそはということで、
高知市内まで進み 高知ぽかぽか温泉へ

なんとかここでお風呂と食事にありつくことができました。

更に併設されていたコインランドリーでたまっていた洗濯を片付けます。

 

この日もだいぶ遅い時間になってしまいました。

事前に定休日とか調べておかないとね。。

 

更に車中泊ができそうな道の駅を探して進みます。

前の投稿
日本一周55日目【愛媛】フェリーえひめ号で四国へ!
次の投稿
日本一周57日目 【高知】坂本龍馬と土佐の海・牧野植物園

関連記事

メニュー