【宇宙の新年】 2017年の春分通過点は19時28分

folder_open一度しか通らない道

今日2017年3月20日は春分の日

春分の日は天文学で太陽が春分点に来る「その日」を言います。

ちなみに今年の春分点は19時28分56秒だそうで、この時刻を堺に夜より昼の時間が長くなっていきます。

 

春分の日は宇宙元年

昼と夜の長さがほぼ同じになる「春分の日」は、とても特別な日。

スピリチュアルや占星術、マヤ暦の世界では、春分の日を「宇宙の元旦」と呼んでいるそうで、

地球も宇宙もこの日を堺に新しい年が始動すると考えられています。

 

実際の春分の日の昼と夜の時間は、

・日の出、日の入りが太陽の上辺で計算されていること、

・大気の屈折率の影響で地平線付近の太陽が浮かんで見えることなどの理由から

昼のほうが十数分長いみたいだけどね。

 

 

春分の日が祝日なのは日本だけ?

春分の日は英語でVernal Equinox Day 別名 first day of spring (春の始まりの日)と言います。

昼と夜の長さが同じになるこの日を祝日にしているのはどうやら日本だけ。

「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」 (祝日法第2条)

それが春分の日なんですね。

 

さらに「春分の日」は、その年によって日にちが変わります。

天文学から毎年国の祝日が制定されるというのも、日本だけです。

 

日本人は昔から自然を敬って来た民族です。

各地には太古の昔より、自然をご神体とした神社が建てられ祭りごとを行ってきました。

わたしたちは昔から無意識の内に自然を感じ、自然と一体になってきたのかも知れませんね。

 

春の彼岸のあれこれ

わたしの住んでいるマンションから直ぐそばが仙台市の新寺という地区です。

最近やけに車が混んでるなぁと思ったら、それもそのはず。

お彼岸なんですね。

 

新寺にはその名の通り、お寺がたくさんあります。

新寺界隈は、仙台開府当初、仙台城から見て鬼門に位置していたため、多くの寺院が集まり寺町をつくりました。

かつて八つの古塚があったため「八つ塚」と呼ばれていたこの界隈は、元寺小路にあった寺院を移転したことから新たに「新寺小路」と命名され、現在に引き継がれています。

仙台市ホームページより)なるほど!

 

春の彼岸は春分の日を中心(中日)に、前3日、後3日を合わせた7日間

仏教では、あの世を彼岸(ひがん)、この世を此岸(しがん)といい、「彼岸」は、西、「此岸」は、東に位置するとされています。

春分の日と秋分の日は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので彼岸と此岸がもっと近づく日になると考えられ、この時期に先祖供養をするようになったそうです。

 

そういえば最近お墓参り行ってないなぁ。。

 

新しいことを始めるなら春分の日

草木が芽生え、昼の時間(陽)が長くなっていく春分の日は新しいことを始めるのにピッタリな日です。

新しい年への良いスタートを切るためには、まず不要になったものを捨てる必要があります。

わたしたちは自宅の部屋の断捨離をして不要な物を手放し、スタジオに新しく作る事務所の家具を買い揃えに行きました。

心機一転、気分を切り替えて新しい2017年をはじめて行きたいと、そう思ってます。

 

前の投稿
仙台駅周辺でモーニングのできるカフェ 11選
次の投稿
日々忙殺「忙しい時は重なるの法則」 仕事と家移り

関連記事

メニュー