Haswellで自作PC その1

folder_openPC・スマートフォン, Windows

ノートPCの性能に限界を感じて久しぶりにPCを1台組む事にしました。

コンセプトはコンパクトでパワフル、そして静かなオーディオ&ゲームマシン。

パーツは相当吟味しました。

CPU Intel Core i7 4770S
CPUファン サイズ SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100
メモリ UMAX Cetus DCDDR3-16GB-1333 (16GB)
マザー ASUS H87I-PLUS LGA1150 (Mini-ITX)
グラフィック AMD SAPPHIRE HD 7770 GHz EDITION
SSD Intel SSD 335 Series(180G)
HDD WD WD30EZRX-1TBP (3TB)
ケース Abee ASE-W1-BK (Mini-ITX)
電源 ENERMAX  ETA550AWT-M (ATX550W)

今回はMini-ITXに初挑戦。CPUはi7の省電力版の4770S。チップセットはH87を選択。
マザーボードはASUSのH87I-PLUS。

自作歴はPentium2の頃からやってるので、もうかれこれ12~3年。
ASUSはPentium4の頃からずっと使ってますが、非常に安定しています。
GigabyteやMSIもいいんですが、ASUSが個人的には一番好きです。

パーツはネットで安い所(amazon、sofmap、楽天)で注文。
ケースだけはAbeeのネット直販で注文。

Amazonとsofmapは注もんした翌日には届きました。

 

 

 

 

ケースの到着は連休明けかな・・・

ケースの到着を待ちきれずに仮組みして動作確認。

 

ケースが無くても動きます。
(電源はPWRピンをショートさせれば入ります)

この状態でWindows7のインストール迄やってしまった。
狙い通り、静かで速いPCになりそうです。
早くケース届かないかなぁ。 やっぱり自作PCって良いもんですね。

次の投稿
Haswellで自作PC その2

関連記事

メニュー