Root化不要!MVNOでテザリングをする方法

 In PC・スマートフォン
249 views

ドコモ系端末でMVNOテザリングをする方法

ドコモで販売されているAndroid端末はドコモSIM以外ではテザリングが出来ません。
これはテザリングを使用する際にAPN(アクセスポイント)が強制的に「dcmtrg.ne.jp」に切り替わるようにプログラムされているからです。

各MVNOのSIMでは「dcmtrg.ne.jp」にアクセス出来ないので結果的にテザリングが出来ないということになってしまいます。

但しドコモ端末でもi-phoneは例外でiOS8以上であれば特に問題なくテザリング出来てしまいます。
さて、ここではAndroid端末をMVNOで運用した場合にテザリングする方法をまとめています。

 

 

1.setting.dbを編集する

APNの強制切り替えを無くすために、設定ファイル「setting.db」を書き換えます。
一度対応してしまえば、以降対応不要。

今までsetting.dbの編集には端末のroot化が必要と言われていましたが、Android4.2以降のバージョンでは
adb接続により「setting.db」の書き換えが可能です。

 

やり方
USB接続しadb接続が使用できる状態で端末をデバックモードにします。
コマンドプロンプトから以下のコマンドを一行ずつ打ち込みます。

1
2
adb shell
settings put global tether_dun_required 0
スクリーンショット 2015-05-23 7.04.24

adb shell

コマンドプロンプトが苦手という場合には、はんぺんさんの方でワンクリックツールが公開されていますのでそちらを利用されても良いでしょう。

現在の所、XperiaシリーズではAndroid4.2以上で動作確認OKです。
Galaxyシリーズはコマンドは通るのですが、実機での動作確認が出来ませんでした。

 

2.EasyTetherを使う

アプリを利用してデザリングをする方法です。
スマートフォン本体とPCにそれぞれソフトのインストールが必要です。
Windows、MACに対応。
USBテザリングのみ

EasyTether

簡単ですが、テザリングをする際にはアプリを起動しなければならない事、
WifiやBluetoothテザリングには対応しない事、
PCに入れるEasyTetherのソフトが問題を起こし、前述のadb接続が出来なくなったりする場合があるのでオススメしません。

GalaxyシリーズやAndroido4.2以前のバージョンの端末では有効な方法です。

 

Start typing and press Enter to search