PHP5.6ではSMTPメールが送れない

folder_openWORDPRESSホームページ制作

WORDPRESSから送信したメールの到達率を上げる

WordPressのメール送信処理は、PHPの mail()関数を利用しており、最終的には WordPressがインストールされているサーバに設定されている sendmailを通してメールを送信します。

メールを送信するsendmailが十分な設定がなされていない場合、そのサーバから送信されたメールはすべてスパムとして判定される可能性が出てきます。

 

試しにGmailで受信するとこんな感じで表示されるはずです。
送り人名 「 ◯◯◯.◯server.jp 経由」

WordPressから送信したメールだけではなく、Contact Form 7等のメールフォームのプラグインから送信されるメールも同じです。

これがメールの到達率を下げる一因です。

 

WORDPRESSのメール送信を全て外部SMTPに出来るプラグイン「WP Mail SMTP」

WP Mail SMTPをインストールすると「設定」-「メール」というメニューが追加され、WordPressのメール全般の設定を行う事ができます。

このプラグインを入れておけば、WordPressからの送信メール全てをSMTPにすることが出来ますので、メールの到達率を気にされる場合が是非導入してみてください。

メールの健全性をテストするサイト

こちらのサイトに空メールを送る事でメールの健全性をチェック出来ます。

https://www.mail-tester.com/

 

ちなみにITスタジオのメールは10点満点中9点でした。

204524

−1点の要因はDKIMが未設定の為。

これはサーバーが対応しないとちょっと厳しいんだよねぇ。VPSでも始めようか・・・

PHP5.6ではSMTP送信が出来ない

ここからが本題です。

PHP5.6にアップデートすると今まで使えていた「WP Mail SMTP」がエラーで使えなくなります。

これはPHP5.6になってOPEN SSLのアップデートがあったため。

PHP5.6からはピア証明書が必須になったようで・・・

これがないと証明書の検証に失敗しました的なエラーが発生します。

https://github.com/PHPMailer/PHPMailer/wiki/Troubleshooting

 

対策はphp.iniの変更か、証明書を作るか、PHP5.5.x系を使うかと行った所です。

 

2016.09.13追記

解決策が見つかりました。

関連記事:PHP5.6でもSMTPメールを送れる最強プラグイン! SMTP Mailer

前の投稿
世界のサイトの25%はWordPressで作られている!
次の投稿
お洒落なヨガのファッションサイトOPENします

関連記事

メニュー