道をひらく

folder_open一度しか通らない道

自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。
どんな道かは知らないが、他の人には歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。

広い時もある。狭い時もある。のぼりもあればくだりもある。
坦々とした時もあれば、かきわけかきわけ汗する時もある。

この道が果たして良いのか悪いのか、思案にあまる時もあろう。なぐさめを求めたくなる時もあろう。

しかし、所詮はこの道しかないのではないか。

あきらめろと言うのではない。
いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、ともかくもこの道を休まず歩むことである。

自分だけしか歩めない大事な道ではないか。
自分だけに与えられているかけがえのないこの道ではないか。

他人の道に心をうばわれ、思案にくれて立ちすくんでいても、道は少しもひらけない。
道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。心を定め、懸命に歩まねばならぬ。

それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。
深い喜びも生まれてくる。

松下幸之助 ~道~

長い人生色々と悩んだり迷ったりすることが多いのですが、そんな時この「道」を思い出すようにしています。
考えても仕方がない。心を定めて兎にも角にも自分の道を歩めば道が開ける。と。

松下電器(現パナソニック)の創業者・松下幸之助さんの書いた一節です。

一代で世界のパナソニックを創り上げた経営の神様とも呼ばれる人の言葉はこころに響きますね。

さあ、また歩き始めましょう。

前の投稿
「宮城県薬莱山」たまには命の洗濯を。やくらいガーデンを歩く
次の投稿
夢を叶えるために 「引き寄せの法則」

関連記事

メニュー