新型MacBook Pro macOS Sierra でNASが遅いときの対処方法

 In MAC, PC・スマートフォン
2,501 views

新型MacBook Proを使い始めて、無線LANの速度が大きく向上しているのが感じられるのですが、ことNASのアクセスが遅いという問題が発生しました。

SMB接続での速度がたったの10MB/s…

このトホホな事態を解決した忘備録です。

関連記事:新型MacBook Pro15インチ(Late2016) 開封の儀 【高画質】

 

新型は無線で1Gbps出る!

なんと新型MacBookProは無線ルーターが対応していればギガビットでつながる事がわかりました。

ネットワークのステータス取得には「ネットワークユーティリティ」を使います。

th_ss

ネットワークユーティリティはSpotlightで検索すると出てきます。

Sierraからファイルの保存場所が変わった気がします。

 

th_ss-2

で、無線のリンク速度をみてみると、1Gbit/秒 (1Gbps)と表示されてます。

おおっ! ついにMacBookもギガビットの時代に。

 

ちなみに無線ルーターはNECのAterm WG1800HPというものを使ってます。

 

でも、SMB接続のNASで速度が遅い!

無線はメチャクチャ早くなってるのですが、NASにアクセスするとかなりのもっさり感。

デジカメのRAW画像なんかを保管しているのですが、開くまでに相当時間が掛かります。

NASはReadyNasを使っており、SMBでマウントしたドライブの読み書き速度がこれ↓

th_smb_before

MacOS Sierra

Read 16MB/s

Write 9MB/s ちょいしか出ていません。

これじゃあUSBメモリより遅い

 

リンク速度は1Gbpsなので、MB/sに直すと130MB/sくらい。

130MB/sは理論値なので無理としても半分の60MB/s程度は欲しいところ。

 

ちなみにWindows10から有線で同じNASにアクセスした時のスピードはこんな感じ。

th_win

Windows10 DisktopPC

Read 55MB/s 

Write 38MB/s

 

どうやらMACだけの問題の様です。

 

ちなみにAFP接続でNASにつなげるとこうです↓

th_afp

AFP

Read 40MB/s

Write 30MB/s

スピードは出るようになりますが、AFP接続だとFinderでの表示が明らかに遅く使い物になりません。

AFPは開発も終了しちゃってるしね。。

 

 

有効な解決策は?

他のサイトを参考にすると delayed ackをゼロにするのが良いという所が多いのですが、

試して見た限りmacOS Sierraではあまり効果を感じられませんでした。

 

こんな時は海外のApple掲示板を覗くのが吉です。

そこで見つけた解決策はこれ↓

 

速度を上げるにはSMB接続のパケット署名を無効にする

なんとこの回答は日本語のサポートにもありました。

しかし題名の付け方が微妙で検索にも出てきません。

SMB2接続やSMB3接続でパケット署名を無効にする

 

だれもこんな件名で検索せんでしょ。

クライアントとサーバが安全なネットワーク上にある場合は、パケット署名を無効にすることができます。

SMB 2 接続または SMB 3 接続を利用する際は、パケット署名はデフォルトで無効になります。以下に該当する場合は、パケット署名を無効にすることを検討してください。
他社サーバに接続するとパフォーマンスが低下する。
パケット署名に対応していないサーバに接続できない。
他社デバイスを macOS SMB サーバに接続できない。
パケット署名を無効にすると、SMB 接続のセキュリティが低下します。クライアントとサーバが両方とも安全なネットワーク上にある場合に限り、パケット署名を無効にしてください。

 

「安全なネットワーク上にある場合」はとの前提付きですが、パケット署名を無効にすることで

NASへのアクセス速度が劇的に改善するとの事。

 

で、このパケット署名を無効にするやりかた。

 

Launchpad > その他 >ターミナルを開いて次のコマンドを打ち込んで行きます。

sudo -s

※パスワード入力

echo “[default]” > /etc/nsmb.conf

echo signing_required=no >> /etc/nsmb.conf

reboot

※再起動

th_ss-1

rebootと入れると強制再起動しますんで、やる前に他のアプリは閉じておいてください。

 

速度が劇的に改善した!

このパケット署名を無効にしたことによる効果がこれ↓

th_smb_after

MacOS Sierra パケット署名無効

Read 61MB/s

Write 35MB/s

なんと自作のWindowsデスクトップマシンより高速になりました。

Readで60MB/sも出ていれば通常の使用でストレスを感じる事はありません。

 

どでかいRAW画像なんかも一瞬で開くようになりました。

これで快適にNASを使うことができるというものです。

 

しかし、ユーザーがこんな事をしなくてもそれなりのSpeedが出るように出来ないものか。

今回の検証に使用したMacは新型で限りなく全ての設定はデフォルトです。

この辺の作り込みは、Appleの今ひとつ弱い所ですね。

 

 

おまけ 新型MacBook ProのSSDは超高速

ちょいと愚痴ってしまいましたが、Macの凄え所。

読み書きのベンチマークにはBlackMagic Disk Speed Testを使いましたが、新型MacBook ProのSSDをテストするとこんな感じに↓

th_macbookpro-ssd

MacBookPro 15 Late2016

Read 2000MB/s

Write 1435MB/s

すんげぇ どんだけ早いんだい! 一瞬でテストが完了しちゃったよ。

どうりでサクサク動く訳です。

 

新型MacBookPro

NASアクセス以外の不具合は何にもなく、既にわたしのメインマシンになってます。

 

今日はこんなところで。

 

Start typing and press Enter to search