2019 日本一周車旅 沖縄 那覇〜南城 レンタカーの旅

folder_open日本一周の旅

日本一周から早4年も経ってしまいました。

これまで訪ねた都道府県は46。

あと1県でとりあえず日本全国の47都道府県周ったぞと言えるのですが、中々機会に恵まれず延ばし延ばしになっていました。

最後の未達の県はズバリ「沖縄!」

今年の正月は仕事して、世の中の人が休み明けた頃に人生初の沖縄へ。

 

これがこれまで周った主な日本の名所。


偏りはあるけど全国の道を走ったで。

仙台空港から那覇までは飛行機で3時間

航空券は昨年に予約してました。ANAの早期割引で2人で往復6万円ちょっと。
探せばもっと安いのもあるんだろうけど、一人片道¥15,000と考えると新幹線よりめちゃくちゃお得だよね。

実に久しぶりの飛行機。


空港では乗り方忘れちゃって焦ったけど、たまには飛行機の旅も良いもんです。

仙台から那覇空港までは3時間弱のフライト。


初めての那覇空港

平日なのに人がいっぱい!
外国人観光客もいっぱい!
仙台空港よりもずっと大きい!

飛行機も次から次へと離着陸していきます。
もっと小さな空港をイメージしていたのでそのスケールにビビりました。

 

1月の沖縄の服装ってどうなのよ?

この時期を選んだのは人がオフシーズンで比較的人が少なく、宿泊代なども安くなっているから。

特に人混みが苦手なので旅行などはいつも平日を選んでいます。
これも自営業ならではかな。

で、迷ったのがどんな服装をすれば良いのかってこと。

仙台の1月は気温マイナス〜5℃位の真冬でダウンコートが手放せない日々なんだけど、
この日の那覇の気温は20℃。仙台でいうと9月下旬〜10月の気温。

そこから比べれば相当暖かい?

実際の沖縄はどうかなぁと思い薄手のダウンを羽織ってましたが、空港から降りて外にでて最初に思ったのは「アレ?思ったほど暖かくない・・」

ただ周りの人の服装はみんなバラバラ。

ダウン着ている人もいれば、半袖シャツ1枚の人まで。
朝晩は結構寒いらしいのでこの季節は薄手のダウンがあると重宝しそうだなというのが正直な感想。

 

さて、到着後は市内を少し見たかったので沖縄のモノレール「ゆいレール」に乗って空港から国際通りまで移動しました。

何気にモノレールって殆ど乗った記憶がなく、ちょっと物珍しい!

ちなみに沖縄では電車は走ってません。なので踏切待ちもないんです。
那覇市内はこのゆいレールで移動。

その他地方はバスや車が主な移動手段なんだって。

平日にも関わらず結構な人が乗っており、国際通りにつく頃には満員電車状態でビックリ。

 

国際通りで沖縄めしを堪能

と、いうことでやってきました。国際通り。

道端のヤシの木が南国を感じさせてくれます。
この日は団体の中国系、韓国系の人たちが多かったです。


有名なシーサー像の前でパシャリ。

今回は一眼を持っていかなかったので撮影は全てiPhone XSです。


腹ごしらえに沖縄料理を!ということで、国際通りにある龍泉さんへ。


私は「ちゅらさん御膳」を注文。

ゴーヤチャンプルー、沖縄そば、じゅーしー、ミミガー等がセットになった沖縄初体験の私達にもってこいのメニューでした。

何気に沖縄そば うめぇ〜。ゴーヤも苦くて癖になる。

 

今回の沖縄の旅では車であちこち巡って見たかったので那覇市内でレンタカーを借りました。


今回の相棒はマツダ アクセラ

何気に沖縄ナンバーを見るのは初めてかも。

 

沖縄の道路は本州とは勝手が違う

これで47都道府県全ての道を一通り運転した訳ですが、沖縄って他とは少し勝手が違ってて道路が微妙に分かりにくかったり、一時停止が無い場所が多い印象でした。

特に細い道路から幹線道路に出る場合、本州などでは一時停止の標識がある事が殆どですが、沖縄はあまり一時停止が無かった。
(もちろん標識無くても止まって確認するけど、車の急な飛び出しが多かった)

それから信号待ちの時間が本州よりもだいぶ長めに設定されてますね。

街中は車が想像以上に多く、沖縄が車社会だとわかります。

その辺を走っているタクシーなんかも傷や凹みがあってもそのままの物が多く、その辺も本州とは違いますね。

 

さて、そんな道の違いを感じながら最初に向かったのは今夜の宿。

 

南城市 B&B 海坐(Kaiza)


18:00過ぎにお宿に到着したんですが、1月だというのに外はまだ明るい!

仙台や東京とは大分緯度も経度も違うということを実感。
当然ながら南に行くほど昼の時間も若干長くなるのですな。

今晩はこんなお部屋に一泊。

オリオンビールで乾杯。


何気にお気に入りのオリオンビール。スッキリした飲み口が好みです。

こちらの宿には貸し切りの露天風呂がありました。

この日の沖縄の夜は気温16℃位。ちょっと肌寒い感じなんですが、露天風呂には最高。
ちょっと長湯してしまいました。

夜は早めに就寝。


朝7:30。まだ少し薄暗い感じでしたが、窓の外からは素敵な風景。

このお宿は場所が良い。少し高台にあるので景色をみているだけで癒やされます。


朝は朝食が出ました。南国チックな朝メニューを食べて満足。

チェックアウトの時に記念にパチリ。
宿のオーナーさん夫妻が気さくで、とてもいい感じの人。

沖縄に来たら一度は泊まりたい宿でした。

 

さて、次は首里城を目指して進みます。 続く

前の投稿
栃木県足利市 「あしかがフラワーパーク」 日本でだた一つの”世界の夢の旅行先”
次の投稿
2019 日本一周車旅 沖縄2 首里城〜やちむんの里〜美ら海

関連記事