栃木県足利市 「あしかがフラワーパーク」 日本でだた一つの”世界の夢の旅行先”

folder_open日本一周の旅

今日は大宮での打ち合わせの帰りに栃木県に寄り道しました。

行き先は2014年、CNNが選ぶ世界の夢の旅行先10カ所に日本で唯一選ばれた場所。

「あしかがフラワーパーク」

ここは今がまさに見頃!
藤の花が満開になっており、それはそれは美しい光景が広がっていました。

死ぬまでには一度は訪れたい場所の感想です。

 

栃木県南部の足利市にある花の楽園

あしかがフラワーパークは栃木県南部に位置しており、群馬、埼玉の両県からも近い位置にあります。

車の場合は佐野藤岡ICから約20分。ただシーズン中は平日でも多少混み合います。
この日は藤岡ICから車で30分位掛かりました。

電車も今月からJR両毛線「あしかがフラワーパーク駅」がOPENしたそうだ。
栃木県では35年ぶりの新駅なんだって。

車は6000台の臨時無料駐車場があるので平日ならまず大丈夫そう。


広い駐車場には所々に仮設トイレも設置してありました。
こういった心遣いは有り難いね。

元々田んぼだった場所が駐車場なので、雨の日とかは要注意かも。

駐車場から会場までは徒歩で5〜6分位。

こんないい天気の日はただ歩くだけでも気持ちいいね。

この日は平日でしたが、シーズン真っ盛りということで人は多め。

臨時駐車場からだと西ゲートが近い。初めてなので周りの人に付いて行きます(笑)

入場料が面白いシステムになっていてその日の花の見頃によって変動します。

この日は1人 1,700円でした。

園内に入ると人がいっぱい。 そして藤の花もいっぱい!

色んな花が咲き誇ってました。

こちらは天然記念物の大藤。圧巻!

花の香りや心地いい風、鳥のさえずり、太陽の暖かさ。写真では伝わりませんが、雰囲気を感じてちょうだい。

これが楽園ってやつですよね!?

しょこたんも満面の笑み。

この日は天気にも恵まれ、まさに見頃でした。
園内には海外からのお客さんもたくさんいました。みんな写真撮りまくり。

言葉は違えど、この美しさは世界共通なんだよね。

おそらく一番良いときに来れたのはラッキー!

園内花だらけ。

とにかく規模が全然違う。

花のいのちは短いのでこの風景を楽しめるのはまさに今だけ。

今回、デジイチは持って来なかったので撮影はiPhoneXのみ。
改めてiPhoneXの写真画質にも驚きますね。

とにかく想像以上の花々に圧倒され、感動してしまった。

まさに世界の夢の旅行先でした。機会があったら是非訪れてみて。

園内にはお土産屋はもちろん、フードコートや休憩所も点在しているので、歩き疲れたらゆっくりすることも出来ました。

写真は名物の藤ソフト(400円)

普通のバニラ(350円)もあるけど、ここに来たら是非藤ソフトを食べて、どんな味か確かめで欲しい。

 

今までいろんな場所を訪れ、どれも心に残っていますが、このフラワーパークはとても強く印象に残りました。

何年経ってもきっと今日の日を思い出す事でしょう。
いい思い出がまたひとつ増えました。

前の投稿
埼玉 小江戸の街 川越を歩く | 川越八幡宮〜時の鐘
次の投稿
2019 日本一周車旅 沖縄 那覇〜南城 レンタカーの旅

関連記事

メニュー