2019 日本一周車旅 沖縄2 首里城〜やちむんの里〜美ら海

folder_open日本一周の旅

沖縄旅行2日目の朝。


お世話になった宿、海坐さんを後にします。天気は曇ったり晴れたり。
この日の朝の気温は17℃。だいぶ暖かいです。

まず先に向かったのは観光名所の首里城

ナビに案内されるがままに走りました。

沖縄は建物の感じからして本州とは違います。
雪が降らないからなのか三角屋根の家はあまり無かった印象。


平日なので道路もスイスイ。
こんな道を走るのは気持ちがいい。

沖縄と言ったら首里城の赤 琉球王国 王の居城

と、言う訳でやってきました。首里城公園。

ガジュマルなど南国の植物が植えられた綺麗な公園です。

そしてその首里城公園内にある歴史的な建物で世界遺産が首里城。


入場料は大人1人820円。朝早い時間だと人が少なくこんな1枚が撮れました。


漆の朱色が青空に映えて綺麗。

この後外国人観光客の大群が一斉に入って来ました。超人気スポットなんですな。

首里城の中にも入れました。ここからは沖縄の街が一望出来ます。
ほんのひと時、琉球王国の生活に思いを馳せる時間。

本州にある各地の城とは違って、大陸の影響を受けたと思われる独自の文化。
一見の価値ありです。

この日は平日だったけど人が多く、人気の高さが伺えました。

 

やちむん=焼き物 やちむんの里を歩く

続いて向かったのは読谷村にある工芸村・やちむんの里

ここは知る人ぞ知るスポットなので、ゆっくりと見て廻ることが出来ます。

色んな陶芸家の方の作品が展示販売されていました。

どれも趣きがありますね。

沖縄以外で買うとおそらく2〜3倍位すると思うのでお土産にも最適なスポットでした。

 

道の駅「おんなの駅」なかゆくい市場と絶景スポット仲泊海岸

更に北上していくと見えてきたのは「おんなの駅」という看板。

一瞬えっ!って思ってしまうこのネーミング。

恩納(おんな)村にある道の駅だからおんなの駅。

ここで少し休憩しました。

中にはお土産もたくさん。ちなみに美ら海水族館のチケットはここで買うのが一番お得らしいのでここで購入。

お昼には海鮮を食べてみました。味付けなどは沖縄独特。

お米は東北産、海鮮は北国の方がより美味いかな。というのが正直な感想。


暑かったのでコーヒーフロートが身に染みますぜ。

そして、おんなの駅からは歩いて2〜3分の距離に仲泊海岸がありました。

少し歩いてみたけど、まぁ綺麗な海!

水が透明で、珊瑚や綺麗な貝殻がたくさん落ちていました。

晴れ間が広がり気持ちの良い日。

 

琉球ガラスの隠れた名店 グラスアート藍

更に北上し、立ち寄ったのは琉球ガラスの工房 「グラスアート藍」

https://www.glassart-ai.jp/

ここではお気に入りのグラスに出逢うことができました。

選んだのは海と太陽をイメージしたこのグラス。グラデーションが凄く綺麗。

琉球ガラスってどれも透明感があって見ていて飽きない時間でした。

お気に入りのグラスを手に入れ、今夜の宿へ。

 

今晩は美ら海で一棟貸しのお宿

今回の旅は車中泊はしません!

そんな訳で色んなタイプお宿とチョイス。

今晩の宿は美ら海水族館近くの一棟貸しの宿「美ら海ヴィレッジ」

キッチンや食器類も完備しているので、家族連れや自炊派にピッタリ。

中は掃除が行き届いており、綺麗でした。

こんな立派なキッチンがあっても料理はしないんですけどね、私達。

夜は美ら海ビレッジから歩いて近くのお食事処「やまちゃん」へ

ここでも定番オリオンビールで乾杯。

癖になるゴーヤチャンプルと

ソーキそば。豚の骨付き肉がとっても美味!

お酒を飲みながらゆっくりと地元の料理を食べるのはとても幸せな時間ですね。

そんな感じで夜は更けていきます。

 

 

つづく。

前の投稿
2019 日本一周車旅 沖縄 那覇〜南城 レンタカーの旅
次の投稿
2019 日本一周車旅 沖縄3 美ら海水族館〜ジ・アッタテラス

関連記事