厄年 〜本厄と大厄〜

folder_open40代の起業

今年の私は厄年です。

しかも本厄の”大厄”らしい。

今のところ特に何か悪いことがあった訳では無いですけど、気にはなりますね。

厄年は3年間続き、「前厄」「本厄」「後厄」とあるそうです。

男の本厄は数え歳で25歳、42歳、61歳。
女の本厄は19歳、33歳、37歳。

更に男性の42歳(1974年生まれ)と
女性の33歳(1983年生まれ)は「大厄」だそうで、一番気を付けなくてはならない歳だそうです。

2015年の男性の厄年(本厄)25歳・・1991年生まれ
42歳・・1974年生まれ 大厄
61歳・・1955年生まれ
2015年の女性の厄年(本厄)19歳・・1997年生まれ
33歳・・1983年生まれ 大厄
37歳・・1979年生まれ
61歳・・1955年生まれ

女の人は30代に2回厄年があるんですね。

数え年とは?
良く聞く数え年っていうのは生まれた年を1歳と数えて、年が開けて1月になったら2歳とします。
なので12月31日に生まれた赤ちゃんはその日に1歳。
年が開けて次の日の1月1日には2歳と数えるんだって。 なるほどね~ ちょっとややこしいなぁ。

ちなみに普通の年の数え方だと私はまだ40歳です。。。(あんまり変わらんか・・)

よく母親からは厄祓いに行って来いとか言われてますが、昨年の日本一周で各地の名だたる神社・仏閣をお参りしてきたのでこれ以上の厄祓いは無いよ。 と言ってます。

写真は昨年の京都地主神社

ここには厄年とは悪い事が起きる年ではなく、人生の「転機節目」だと書いてます。

おとなしく厄年をやり過ごすのも悪くは無いですが、私はこの厄年を良い節目と捉えて新しい事にチャレンジです。
会社を辞めて独立起業。 まさに大きな転機となりました。

ここから上に昇って行けるか、転がって落ちてしまうのかはわかりませんが、後悔のない様に日々一生懸命やるつもりです。
一生懸命やってダメだったら諦めも付きますもんね。

まぁそうはならないように、まずはしょうちゃんとのスタジオ作りに没頭します。

いよいよ来週からスタジオの引き渡しと住居の引越しです。

これからも応援お願いします。

前の投稿
仕事道具を揃える WEB制作はMACで決まり
次の投稿
働くDIY! 内装工事

関連記事

メニュー