青根の風景とDIY | 青根移住・田舎暮らしのDIY

folder_openDIY, 川崎町青根移住・別荘定住田舎暮らし

青根移住に向けてリフォーム真っ最中。築20年の建物は全然問題ないんだけど、電気系や水廻りに色々と不具合があって手当たり次第修理、交換やってます。

 

浄化槽のブロアー交換

移住先の青根地区は山ん中なのでもちろん下水道などありません。
ほとんどの別荘は浄化槽。

電気が通って真っ先に気づいたのが浄化槽ブロアーからの異音。


自然と一体化しかけてるポンプ。音と振動はおっきいんだけど、肝心のエアー吐出がだいぶ落ちている様子。

20年前のポンプで、しばらく電源を入れてなかったのでお亡くなりになっていたようです。
銘板も消えかかっていてポンプの型式やメーカー名は分かりませんでしたが、吐出量だけは60L/minだと言うことがかろうじてわかりました。

こうなると修理より交換の方が早いので早速アマゾンでポチる私。

こんな山ん中でもAmazonは翌日には届けてくれるのでほんと有り難いです。


電源引っこ抜いてホースを外すだけなんで、交換は誰でも出来ます。

ものの2〜3分で浄化槽ブロアーの交換完了。


(ちなみに業者に頼むと最低2〜4万円取られます)

こいつは超静か!音がしないので動いてるかどうか、手をあてて思わず確認してしまった。吐出量もバッチリ。
それでいて電気代も20年前と比べて40%も削減出来るスグレモノ。

 

安永 AP-60F 浄化槽エアーポンプ ブロワー
安永株式会社
売り上げランキング: 1,472

 

浄化槽もだいぶ長いこと止まっていたようなので後でバクテリアの補充しとかないとな…

 

ビルトインコンロの取り付け

続いてはビルトインコンロの取り付け。


元々コンロは外してあったのでホント付けるだけの作業。

コンロはオークションで定価12万円の物が未使用で3万円と超格安でゲット。
ネットの最安値でも6万近かったのでだいぶお得に手に入れることが出来ました。


最近のコンロは取っ手があってとっても取り付けかんたん!(おやじギャグすまん)

はめてから4箇所をネジ止めするだけです。

本体を固定したら天板を付けて出来上がり。


こんな感じになりましたぜ。

ガス管の接続のみ、可とう管の資格が必要なのであとでガス屋さんにやってもらうことにしました。
なんでも自分でやりたい派ですが、出来ないことはプロに任せるのも大事です。

 

 

エアコンの取り外し

2階のエアコンがコンプレッサー不調の為交換することに。エアコンは20年前のナショナルモデル。
持ったほうだよね。

故障に気づいたのが廃品回収の前の日だったので慌てて取り外し。

エアコンは高圧側のガスバルブを締めてコンプレッサーを強制的に回すとガスが回収出来ます。
こういう時は電気工事士やってた経験が生きますね。

電工やってたのは20年以上前ですが、からだで覚えた作業って意外と忘れないものです。

ガスが回収できたら電源外して、配管も外します。


古いモデルだったので室内機の取り外しには少し時間が掛かりました。

トータル1時間位でエアコン外し終了。現物は回収屋さんにお願いしてリサイクルに出しましたとさ。

エアコンはそのうち新品買って取り付けする予定。

 

家の片付けと掃除そして川の音

広い家なので片付けと掃除も同時進行。出来るとこからやっていくスタイルです。

古い冷蔵庫やテレビがあって使えれば使って良いと言われていたんですが、冷蔵庫は冷媒が抜けてて使用不可。

テレビは電源入れたら発煙してビビりました。(そもそもこの家にはアンテナが無い。付ける気も無いけど)
これらはすべて廃品回収業者にお願いして回収してもらいました。


片付けの合間に外をみるとこんな風景。


まだガスが使えないのでキャンプ道具でお湯を沸かして休憩。


空を見上げると太陽が近い。


なんかね、街の中で仕事してる時よりも体は疲れてるんですが、気持ちが全然違う。

気持ちいい風と川の音、美しい山鳥の声。

人によってはこんな山の中!なんて思う人もいるのだろうけど、自分たちにはこの空気感がぴったりあってる感じ。

すごくいい場所だなぁということを改めて実感するのでした。

 

エアコンの故障や水漏れ、浄化槽ポンプの不具合なと当初の予想よりも少しばかり不具合が多く予定より遅れているDIY。

まずはシャワーだけでも使える状態にしたい所なんだけど、こっちも色々不具合があって滞ってます。


灯油ボイラー2台納品!合計17万円也。取り付けはこれからだけど配管の修理が先。

お風呂が使えなくても青根温泉が近くにあって、町民は3000円で入り放題!らしいので焦らずやっていこうと思ってます。

 

 

青根にはお洒落カフェと蕎麦の名店あり!

DIYに疲れたら休憩。休みながら無理しないのがDIYのコツ。
自分を甘やかさないと動けないんですよ。特に私は(笑)

青根は山ん中のど田舎ではありますが、温泉地ということで色々と素敵なお店が揃っている場所でもあるのです。

まずはBLUE COFFEE

BLUE COFFEE

森の中にある人気のカフェ。
平日でも時間帯によっては混んでたりしますが、落ち着けるお気に入りカフェなのです。

BLUE COFFEE
豊かな自然を眺めながら頂くコーヒーは格別。

豆にも拘ってるお店なので、ここのコーヒー豆を買ってお家カフェも良さげです。

 

お腹が空いたら蕎麦の名店、川音亭(かわどてい)へ

川音亭(かわどてい)
川音川(かわどがわ)のそばにある蕎麦屋さん(おやじギャグすまん)

川音川は蔵王山麗から流れる綺麗な川で、その名の通り川の流れる音が最高に気持ちいい川なのです。

移住先の別荘からもこの川音が聞こえ、地図でみると直線距離ではめっちゃ近いお店。
(実際には車で5分位)

寒ざらし蕎麦
こちらのオススメはずばり「寒ざらし蕎麦」

地元のそば粉と天然水を使った手打ち十割蕎麦。
コシがあってつなぎを使わない十割とは思えない喉ごし、風味も最高!

お昼時には順番待ちが出来るほどの人気店です。

「寒ざらし蕎麦」は秋に収穫した蕎麦の実を、冬の冷たい水につけて風にさらして乾燥させたもの。
日本一周した際にも色々と蕎麦を食べて来ましたが、私的にこのお店はその中でも最上位です。

 

そんな感じでDIYは続きます。頑張れ!引っ越しは来週だ!

 

前の投稿
灯油ホームタンク交換 | 青根移住・田舎暮らしのDIY
次の投稿
温泉の石油給湯器をDIYで交換 | 青根移住・田舎暮らし

関連記事

メニュー