新macOS Sierra にアップデートしたら photoanalysisdが暴走した

 In MAC, PC・スマートフォン
4,518 views

日本時間で2016年9月21日にMacの最新OSであるmacOS Sierraが公開されますが、

一足先にGM版を入手・インストールしたので、気になるその使い勝手のレビューと困った問題をご紹介。

使用したマシンは MacBook Pro Retina-15 Mid 2014モデルです。
mac-1108183_1280

インストール手順

ss-1
GM版はApple Bata Software Programに登録することで入手できますが、
まもなく正式版もリリースされる予定です。

正式版リリース後はAppStoreからダウンロード出来るようになります。

 

ダウンロード容量は4.77GB
ss-2

 

実際のインストールの手順

App Storeでダウンロード後「インストール」をクリックします。

そしてこの画面で「続ける」をクリック

ss-3

使用許諾に「同意する」をクリック

ss-4

インストール先はデフォルトのままをおススメ。「インストール」をクリック

ss-5

ヘルパーツールの追加確認画面になるのでMACのパスワードを入力し、「ヘルパーを追加」をクリック

ss-6

自動でインストールが始まります。

ss-7

ある程度進んだら「再起動」をクリックします。

ss-8

再起動後はこの黒い画面でインストールが続行されますのでしばらく待ちます。

img_1105

わたしの環境では30分位でインストールが完了しました。

macOS Sierraが起動します。

利用規約の確認画面になるので「同意する」をクリックします。

lwscreenshot-2016-09-17-at-19-05-46

SiriはiPhoneの様に言葉でMACを操作できるSierraの売りの機能のひとつなので

「有効にする」にチェックを入れた状態で「続ける」をクリックします。

lwscreenshot-2016-09-17-at-19-07-06

新しいmacOS Sierraのディスクトップです。

macOS Sierra

OSのバージョンは10.12

このバージョンから長らく親しまれたOSXの名前が macOSとなっています。macOS Sierra

 

ぱっと見た感じではEL-Captainとそんなに大きく変わっている所はなさそう。

ふむふむ。

インストール後困った問題が発生! photoanalysisdの暴走

MacOS Sierraのインストールは順調に進み30分程でOSのアップデートが完了しましたが

ちょっと困った問題が発生しました。

なんかMACが熱いなぁと思ってプロセスを確認するとphotoanalysisdというプロセスが

CPUをずっと専有していました。

 

常にCPUの使用率が10〜20%をキープしています。そりゃ熱いわ。

ssb

アクティビティモニタを使ってプロセスを止めても、勝手に立ち上がってくるゾンビの様な

プロセス・・・

どうしたら良いものか・・・

 

photoanalysisdの暴走は写真ライブラリサービスのバグっぽい

海外の掲示板に私と同じ症状の人たちがいて、対処方法を教えてもらいました。
1 ターミナルで以下のコマンドを入力してサービスを強制終了させる

launchctl stop com.apple.photoanalysisd

これだけでも暴走は止まりますが、再起動後また復活してしまいます。

そこで以下の対応を行いました。

2 設定→iCloudと進み 写真のチェックを外して iCloudの同期を止めます

ss

3 その後写真ライブラリをまるごと削除するかどこかへ移動します。

(やる前にバックアップ取ってくださいね)

4 再起動してからiCloud の写真に再びチェックを入れます。

こうすることで、写真ライブラリは再同期され元に戻ります。

ゾンビのプロセスもおとなしくなり めでたしめでたし!

 

※環境によってはiCloudの同期をONにすると再びphotoanalysisdが立ち上がってくる
場合があるようです。

そのような場合はAppleが対応するまでiCloudの同期をOFFのままにしておくしかないようです。

 

ベンチマーク取ってみたよ

なんとか落ち着いてから定番のGreekBenchでベンチマークを取ってみました。

 ssben

macOS Sierra 

Single-Core 4189   Multi-Core 13730

OSX EL-Captain 

Single-Core 4170   Multi-Core 13715

 

EL-Captainからちょっと上がっているけど、誤差の範囲ですね。

体感出来る違いはありませんでした。

 

次回は気になるアプリケーションの互換性チェックを行いたいと思います。

関連記事:新macOS Sierra 動作確認アプリリスト
関連記事:使ってみてわかった macOS Sierraの新機能

 

Start typing and press Enter to search