無垢の木の持つ温かさ ~マスターウォール~ ORIGIN LIVING TABLEの感想

folder_openちょっと良い物
マスターウォール テーブル

無垢のウォールナットテーブル

 

注文していたマスターウォールの新しいテーブルが届きました。

搬入前

片づけると意外と広い6畳間・・・

搬入後  ど~ん!

お洒落~♪

無垢材の質感がたまらんねぇ。

木の質感を出すために敢えてラフ材を使用したテーブルです。
ウォールナットの無垢材をオイル仕上げ。

分厚い無垢材と鉄製の脚なので重量はかなり重く、ひとりで持ち上げるのは厳しい。

 

現在大人気で注文してから届くまでに2ヵ月以上掛かりましたが、待った甲斐がありました。

これで仕事も勉強も快適に出来そうです♪

 

無垢の木の持つ温かみのある製品で気に入ってます。

 

オイルメンテナンスで一生使えるテーブル

 

購入して半年が経ち汚れが目立つ様になり風合いも少し変わってきました。


パッと見は綺麗なのですが、良く見ると・・・

コップの水滴が染みて跡になってたり・・

食べ物をこぼした時の汚れや、小傷が・・・

無垢の木は手入れさえ「しっかり」していれば一生使える物だそうで。

と、言うことで今日はテーブルのお手入れします。

用意したのはマスターウォール製のメンテナンスオイル。

こいつをウエスに付けてテーブルに塗ってみます。

ちょっとだけ塗ったところ。

このオイルは良く伸び薄く均等に塗ることが出来ます。

木目に添って塗りこんで行きます。

おお~ 木目が生き返って来た!

車のワックス掛けみたいなもんですが、一回塗るのに3分少々。

全体に塗りこんで、少し乾かしてから二度塗り。

意外とあっけなく終わりました。

コップの水染みも見えなくなり、新品の様に生き返ってます。

オイルは2,000円位しましたが、この使い方だとあと5~6回は使えそうな感じ。


最近は無垢材が流行ってますが、無垢がゆえにコーティングも何もありません。
水をこぼしたら染みになるし、傷も付きやすい。

手入れは大変かも知れません。

ただ、傷が付いたらラッピングペーパーで削る事が出来ますし、その上からオイルを塗ればまた復活します。
それが無垢材が長く使えると言われる所以です。

そして何より木の持つ風合いが感じられるのが好きなんですね。

これからも手入れをしながら一緒に歳を重ねていこうと思うのでした。

前の投稿
YAMAHA フロアスタンドスピーカーNS-F700/NS-SW700 レビュー
次の投稿
おとなのソニー ウオークマン ZX1

関連記事

メニュー