青根移住・田舎暮らし|別荘暮らしの感想(秋編)

folder_open川崎町青根移住・別荘定住田舎暮らし

川崎町の青根温泉別荘地に移住してから、はや半年。

青根の木々も色付き始めたと思ったらもう雪景色。

 

最近ブログのモチベーションが上がらなくて更新滞りまくりです。
今年の最後に田舎暮らしの振り返り。

 

9月の青根は秋の美しい音色に包まれる

9月に入ると青根は涼しく過ごしやすい日々になります。

セミの音もまだ聞こえますが、夜になると秋の虫が鳴き始めます。

近くを歩くとこんな花が

なんだろうね。この花

車のメンテナンスなど

青根で暮らすようになって、車の走行距離もだいぶ延びました。
週に2〜3回は青根と仙台を往復しながら、仕事でも県外に出かけることが多く一ヶ月に1,500kmのイメージです。

ただ愛車はディーゼルなので燃費が良く(リッター18km弱)1ヶ月の燃料代は約9,000円。これは助かります。

 

ちなみにオイル交換をディーラーにお願いしたらフィルター交換込みで1回16,000円取られました。。。
ボッタクリ過ぎだよマツダさん。

 

そんな訳でオイル交換はDIYで。
マツダのディーゼルオイルはネットで20L缶が12,000円ほどで買えます。

これで4回交換出来るのでオイル交換1回あたり3,000円。
フィルターは1個1,000円弱。

車好きならDIYが絶対オススメですよ。


ペットボトルを切っただけの自作のオイル漏斗。上抜きでほぼ全量抜けるので交換は楽でした。

ディーゼルはオイル交換後、マニュアル通りにエンジンデーターをリセットする必要がある以外の手順はガソリン車と同じでOKです。


自宅温泉からの眺め。9月も下旬になると昼間の虫は少なくなり、夜には鈴虫の綺麗な声が響き渡るのでした。

台風にやられた10月

10月は一年で一番いい季節。虫もほとんどいなくなり、空気が澄んで気持ちのいい日が続きます。

 

そんな中、強力な台風19号が。

大した事無いさ、などど思っていたのもつかの間。雨脚が強くなり、

消防団の方のアドバイスもあって車で逃げられなくなる前に別荘地から避難所へ。


避難所に車を停めて、寝袋で一晩過ごしました。
人生初の避難所でしたが、日本一周や趣味のキャンプのおかげで装備も快適な車中泊ができました。


嵐が去った後。朝6時の青根温泉駐車場から眺め。
綺麗過ぎる…!

家は大丈夫だろうか。。。

家に戻ると途中の橋が崩れ通行不能に。。(どなたかの車が引っかかって…良く落ちなかったもんだ)

今まで道だった所は川になっていました。

家の近くに流れる川音川(かわどがわ)は護岸工事されており大した被害がなかったのですが、近くを流れる小さな「堀」が台風で大増水。
道路や橋を破壊しました。恐るべし自然の猛威。

家には歩いて帰ることが出来ましたが、しばらく車では行けないなぁ。。。


そう思っていたら次の日には別荘の管理事務所の人たちが、橋の応急修理をしてくれ車でも家に戻ることが出来る様に。


台風の次の日には応急処置完了。


道路もとりあえず車が通れる位には復旧。超早い対応に感謝!


別荘地の一部ではご覧の様な被害が。。


台風後でも少し経つと川の水は元のようにめちゃめちゃ綺麗。

1週間の断水


ちょっと困ったのが断水。
水道の取水口が台風でやられてしまい、台風から1週間ほど水が出ない日が続きました。

非常用飲料水を町役場の方が届けてくれたので飲水には困らず、助かりました。

水道の水は止まっていましたが、温泉水は問題なく出たのでお風呂やトイレを流す分には不自由しませんでした。
田舎ってこういう時は強いと再認識。

とは言うものの、台風で疲れたし、仕事が溜まりまくってしまい、気分転換にお隣の山形県まで骨休めに。


2泊3日で上山の温泉に来ちゃいました。

美味しい料理を食べて。。


温泉に浸かって。。

仕事もして。。もっとひどい被害を受けられた方もたくさんいた中、私たちはこの程度の被害で済んだのでした。

 

紅葉と初雪が同時に来た11月

11月に入るとそりゃぁもう寒い! 初旬には最低気温が5℃を下回ることも。
まわりの木々はしっかり紅葉しているのに家の庭のモミジはまだ青い。


11月初旬にはストーブが必需品に。

中旬になって庭の紅葉がやっと色付き始めたころ、庭木の剪定、枝落としをやりました。

通販で買った高枝ノコギリが大活躍!

別荘地でも家の庭は自分で管理しなくてはなりません。

地植えの木というのは生命力がとても強く、そののままにしておくとボウボウのジャングル状態になってしまい、
日当たりも悪く、虫も出るので適当に剪定する必要があります。

ただ、この剪定、夏場の成長期にやってしまうと木にダメージを与えてしまい腐ったりしてしまうので、冬の前にやるのが一番良いらしい。

枝を切り落として、更に細かく切ります。切った枝は焚き火用の薪に。


役場の方に川崎町のお米30Kgをもらいました!
こういった移住支援が充実しているのは素晴らしいね。

キレイな水と空気がある環境で作られたこの米がまた美味い!

秋は紅葉が見頃


庭の紅葉が色づき、一年で一番綺麗な景色が堪能できます。

遠くの蔵王は既に雪景色。


毎朝車に落ち葉のシール。これはこれで風流かな。


秋は短く、もうすぐ雪の予感。


そうこう言ってる間に、庭の紅葉がまだ少し残っている状態で、初雪が降りました。

青根に引っ越して半年、ここは自然の景色が素晴らしい。
子供の頃は当たり前だった、四季の移り変わりを見ながら過ごせるのはとても貴重なことだと再認識。

田舎暮らしは全てのひとにオススメ出来るわけでは無いけれど、自分的には大満足な半年でした。

初めての青根の冬。
どの位雪が積もるのか。無事に一冬越せるのか?

今からドキドキの日々です。

 

前の投稿
青根移住・田舎暮らし|別荘暮らしの感想(夏編)
次の投稿
青根の冬の感想 別荘定住・田舎暮らし

関連記事

メニュー